jcssとは、計量法を基にする、計量法校正事業者登録制度のことをいいます。測定器は、国際標準にトレーサブルであることを求められます。測定器は標準器によって校正されます。その標準器は、より正確な標準器によって、より不確かさを小さくします。このようにして正確性を求めていくと国家標準に遡ることが確かめられていればこの標準器は、国家標準にトレーサブルであるといいます。
トレーサブルとは、さかのぼって確認することができる事です。トレーサビリティの定義は、不確かさが全て表記された切れ目のない比較の連鎖によって、決められた基準に合っているといえる、測定結果又は基準の値の性質のことです。基準があるから国際的に認定された標準器だと自信をもっていうことができるのです。

jcssの校正事業者登録制度とは

なぜ校正事業者の登録制度と計量標準供給制度が必要なのでしょうか。校正事業者登録制度は、校正事業者を対象とした任意の制度であります。計量法の関係法規及びISO国際機関の要求事項に適合しているかどうかを確認する校正事業認定制度として運用されてきました。平成17年7月より我が国でも。校正事業者登録制度が発足し現在運営が行われています。
登録のための審査は、事業者からの申請に基づいて、その事業者の品質システムが適正に運営されているかを、校正方法、不確かさの見積もり、設備などが校正を実施する上で適切であるかどうかを、などの観点を重視してNITEが行います。
審査を経て登録が認められたjcss登録事業者は、その証として特別の標識の入った校正証明書をはっこうすることができます。

校正のサービスとはどんなものですか

なぜ計量標準制度が求められているのでしょうか。それは、ものを測る物差しとして国がそれらの基準を決め、国民生活、事業活動、研究活動に幅広く利用されるからです。
国の基準に合う以上、ものを測る物差しが国際標準であることが必要です。世界で標準と認められるためには、トレーサビリティがしっかりとしていなければなりません。トレーサビリティは、製造工程をさかのぼって原因をつきとめることができるということです。ものを測る上での正確性が検証できるものでなければ国の認可を与えるべきではありません。そのような校正事業をできる人を認定しておけば、正確な校正処理が確保できます。
校正のサービスとはそんな厳正な制度によって守られており、国際的に標準だと認められる計量器が出来上がるのです。

お客様のお宅にある電気メーターの検定、計測器の校正を、厳しい基準に基づき公正中立に行っている機関です。 当社の強みは、電気メーターや計測器の検査や検定を技能資格を持つ担当者が中立的な立場で公平に行っている事です。 電気計器とともに歩み培ってきた技術力と確かな信頼性によって、お客様に満足頂けるメリットのあるサービスを提供します。 jcssの校正はJEMIC